術後の痛みが心配。陰茎増大は痛くないの?

陰茎増大の術後の痛み

陰茎増大を行う時には麻酔を使用するので心配はいりませんが、術後に痛みが出るのではないかと不安になることがあります。
麻酔は一定時間が経過すると段々と効果が薄れてきますので、多少の違和感を感じます。
場所的に陰茎増大の施術ではデリケートな部分に対しての処置を行っているので、何も違和感を感じないということはほとんどありません。
しかし、何もしなくても我慢できるレベルですので、気にせずに過ごす人も多いようです。
特に必要な処置はいりませんので、違和感が消えるまで普段通りに過ごせばOKです。
中には痛みが気になって仕方がないという人もいますが、その場合は陰茎増大を受けたクリニックで処方された内服薬を飲むことになります。
内服薬は痛み止めであり、気になる痛みを緩和してくれます。
術後の痛みは小さなものであり、陰茎増大を受けた人の大半はすぐに気にならなくなりますので、処方された薬もお守り代わりに持っている人ばかりです。

気を付けたいタイミング

陰茎増大の術後で気を付けたいタイミングは、麻酔が切れてくる頃です。
実は同じ量の麻酔をしても切れてくるタイミングは人によって異なり、早く切れてくる人はすぐに軽い痛みをおぼえます。
効果が長く続く人は長時間が経過してから違和感が出始めます。
痛みの感じ方にも個人差があるため、同じ処置を行ったからといって同レベルの痛みを感じるわけでもありません。

気になり始めたら、できるだけ安静にして過ごすことが重要であり、日を追うごとに軽くなっていくことを確かめる必要があります。
通常は1日経過するごとにどんどん回復していって気にならなくなりますので、逆にだんだんとひどくなる場合には医師による診察が必要です。
術後にトラブルが起こることはほとんどありませんが、それでも安心のために診てもらった方が良いですし、痛みへの対処法も提示してくれるかもしれません。
スキルのある医師に陰茎増大を行ってもらうと、術後のトラブルリスクを減らせます。

まとめ

陰茎増大の手術中は麻酔を使用しますので痛みを感じませんが、麻酔が切れてくる頃に痛みを感じることがあります。
大抵は気にならないレベルですが、違和感が強ければ処方された薬を飲むことが大切です。
クリニックで処方されるのは痛み止めであり、飲めば痛みが緩和されます。
日を追うごとにどんどん違和感は減っていき、自然と元の状態に戻りますので、それまではできるだけ安静に過ごしましょう。
スキルのある医師に行ってもらうと、術後のトラブルリスクを減らせます。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。